肌に優しいオーガニックコットン

オーガニックコットンは認証機関に認められた農地で厳格な基準を守られた農薬、肥料のみを用いられて栽培された綿花です。有機肥料による土壌作りを行い、禁止農薬は一切使わず栽培されます。厳しい基準をクリヤして認定農家になってからも、毎年基準を保たれているか確認されます。通常、綿花栽培には化学肥料や農家が使われ、それは微量ながら体内に影響を与えます。オーガニックコットンは紡績、織布、染色加工などの製造工程を経て最終的に製品となります。肌触りもよく、化学繊維に弱い方には安心して利用できる布地です。製品も下着、寝具、タオルと直接肌に触れるものが多く展開され通気性にも富んでいるので、幅広い年齢層に受け入れられています。特にベビー用品は赤ちゃんが直接肌に触れるものなので刺激が少ないことからお祝いにとても喜ばれます。

オーガニックコットンで肌に優しく

日本では、オーガニックやBIOなどの有機栽培の認識は欧米に比べるとまだまだ遅れています。例えばフランスのスーパーマーケットなどで買い物をすると、オーガニック、BIOのコーナーが幅広く面積を取っていて、消費者がより体に優しいものを求めていることが一目でわかります。日本では最近オーガニックコットンが話題になっていますが、一体普通のコットンと何が違うのでしょうか。オーガニックコットンは、原料の段階では一般的なコットンと大きな違いがありません。ですが、一般のコットンは製造段階で化学的な処理を数回にわたって施すため、環境に優しいとはいえません。オーガニックコットンの利点は、農薬をほとんど使用せずに綿花を栽培し、製造から販売までに化学的な処理が施されないため、環境に優しい上農薬使用量も減少するので地球にも優しい商品です。

地球と人に優しいオーガニックコットン

オーガニックコットンとは有機栽培綿と言い、3年以上自然に耕された土地を使い、一切の合成化学肥料や農薬を使わずに栽培された天然の綿花の事を指して言います。自然に任せた栽培法により、地球への負荷も減り、土壌の質の活性や二酸化炭素の削減にも効果が期待されています。種まきから収穫までが全て自然と人の手作業による物で、大きな綿花が出来上がるまでには苦労を要しますが、出来上がった物は自然の風合いを残した優しい布生地になります。最近では栽培される土地が広がっていきつつある為、低価格なオーガニックコットンでの製品も市場に出回り初めています。コットン自体を化学染料で染めるか否かについては議論中であると聞きますが、生地自体の栽培が広まっていけば世界中、そして人類の恵みの大地地球に恩返しが出来る大きなチャンスだと感じます。

願書の添削や家庭での過ごし方のアドバイスまで、保護者へのサポートも充実しています。 多くの合格実績があるからこそ分かる、面接対策をアドバイスします。 小学校は知識のある子どもではなく、知識を活かせる子どもを求めています。 名門小学校が求める子どもの資質を理解し、合格のための教育を行います。 最近の公教育への不満から、小学校受験への関心が非常に高まっています。 小学校受験の塾なら伸芽会